DXの取り組み

代表メッセージ

世界の技術革新には目を見張るものがあります。

産業界においては「IoT」「ビッグデータ」「クラウド」「RPA」「ICT」「AI」「5G」などの最新のテクノロジーを駆使することにより、お客様へより質の高い商品・サービスを提供できると確信しております。

産業界に身を置いて昭和45年創業以来一貫してプラスチック成型を行っている当社の責務はお客様へより質の高い商品・サービスを提供できる最新のテクノロジーをいち早く組織に取り入れることと考えております。

代表取締役 髙梨健一 

DX方針

世界の生産現場のスタンダードは日々進化しております。労働人口が減少している現在の日本において、何もしなければ生産力で負けてしまうことは明らかです。

グローバル競争に勝つためにも世界に目を向け、新たな最新のテクノロジーを組織に取り入れることは必要条件であると考えております。

そこで、当社ではDX推進部門を立ち上げ、最新のテクノロジーを迅速に取り入れられる体制を整えました。

  • デジタル人材の確保・育成や組織のデジタルリテラシーを向上させる活動を強化し、品質管理の強化、作業効率の向上、お客様の要望への迅速な対応などが行える組織体制作りにより、質の高い商品・サービスをお客様に提供してまいります。
  • デジタルファーストの考えをベースとして、常に組織の課題を思案することにより、常にデジタルの先端を目指します。また、自社内で課題の解決に向かうことによりノウハウの蓄積も進めることにより、デジタルな組織に革新します。

DX方策

当社は製造業であり、リアルタイムな製造データの活用は業務上必要な活動となっております。具体的には製造時の製造条件の決定・不良品の予測・材料入荷のタイミングの予測などデータ活用方法は多岐にわたります。
また、これまでのデジタル技術がなかった時とは異なり、データの精度・リアルタイム性・データ量は飛躍的に向上することが期待されます。

直接部門

  • 全社員にノートPC・タブレットPCを支給することにより、社内のサーバーを活用したデータの共有、生産システムへのアクセスを可能となり、作業効率の向上、安定した生産体制の確立を実現します。
  • 生産管理システムを活用し、リアルタイムに生産状況の確認を行うことにより、不良品の発生を未然に防ぎ、高品質な製品の安定した生産を実現します。
  • IoT機器の導入により生産時の環境条件(気温や湿度など)をデータベースに蓄積し、これまでの属人的な生産体制ではなくデータ(ビッグデータ)に基づいた生産体制を確立を実現します。
  • グループウェアを使用することにより、担当者への伝達ミス・モレおよび時間ロスの軽減を実現します。

 

間接部門

  • RPAを用いて電子帳簿などの電子媒体のデータを有限なリソースである人材および時間を効率的に活用することを実現します。
  • AIチャットボットを利用することにより、お客様からの質問・相談へ迅速に対応することによりお客様の時間ロスの軽減を実現します。

DX推進体制

整備

DX推進のために人材を雇用し、新たにDX推進部門の設置を行いました。

DX人材の確保に関しては、今後も継続して行ってまいります。

育成

DX部門による社内に向けたDX研修を定期的に行い、全社員のDXに対する意識の向上を図ります。

また、全社員がDX人材となるように、DX推進部門者を含めた全社員を対象にDXに関わる研修、資格取得や専門知識を学ぶための学校への入学等の支援制度によって人材の育成を進めてまいります。

環境

製造機械をIoT化することにより、リアルタイムに製造状況を監視することができるシステムを導入しており、それらのデータを処理する基幹システムについても構築済みとなっております。また、全社員にノートPC・タブレットPCを支給しているため、全社員がリアルタイムにデータを活用することができる状況です。

これに加えて、製造機械のみならずそのほかの機械についてもIoT化を目指しておるなど、様々なDX関係の設備に対して毎年多くの予算を回している状況です。

DX達成状況の指標

DX推進の指標・達成状況を図るために毎月1回DX推進会議を行う。会議の内容は各部門の代表者が各部門に報告することで、全社員に現状のDX進捗状況の共有を行う。

 

評価は下記の内容を基に行う。

直接部門

  • 機械のIoT化率
  • データ検索に要する時間
  • 特定の検査数に対して要する時間
  • 製品1セットを梱包することに要する時間

間接部門

  • PC等への手入力に要する時間
  • 問い合わせに要する時間

全部門共通

  • 紙の使用数
  • 担当者への伝達ミス・モレ数
  • 担当者への伝達に要する時間

情報セキュリティ基本方針

2023年6月23日に情報セキュリティー基本方針の策定を行いました。

詳細は下記URLからご確認ください。

SECURITY ACTION 二つ星を宣言しました

株式会社 髙梨製作所は、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が創設した「SECURITY ACTION」において、SECURITY ACTION 二つ星を宣言しました。

SECURITY ACTION について、詳しくは下記URLをご確認ください。

https://www.ipa.go.jp/security/security-action/sa/index.html

DX認定事業者

株式会社髙梨製作所は、2023年9月1日付で経済産業省が定める「DX認定事業者」(外部サイトへリンク)に認定されました。

弊社の認定取得は山形県内では8企業目となります。

これからDX認定事業者として、より一層DXの活動に注力して行きます。

地域との関わり

山形県では、2023年10月現在、わずか8社がDX認定事業者として認められています。誇り高くもその一員として、弊社は弊社が拠点とする山形県河北町の(異業種を含む)様々な企業の方々を弊社の工場見学にお招きしています。

この機会を通じて、弊社がどのようにして小規模な企業(弊社自身もその一環)においてDXを推進しているかを、リアルな視点でご体験いただけます。お役立ちの知識やヒントが得られれば幸いです。

また、将来的には山形県河北町がDX地域として広く知られるよう、目標として掲げています。弊社はその先導役として地域企業と協力し、積極的な支援を行ってまいります。

地域とともに歩むDXの未来。ぜひご一緒に築いていきましょう。

ご興味をお持ちいただいた方は、下記リンクよりお気軽にお問い合わせください。

DX推進計画書

弊社は、2030年までに達成すべきDXの推進指標を全社員と共有するため、「DX推進2030」を策定致しました。

社内文書用として資料の作成を行っているため、対外的な内容・文言ではありません。

ですが、皆さまに見ていただけるよう公開することで、他企業様のDX推進の一助となれば幸いです。